「住むように旅をする」ウィーンの旅行者向けマンションの予約




「世界で最も住みやすい都市ランキング」というものがあるのはご存知でしょうか。これはエコノミストというイギリスの雑誌の調査部門が毎年発表しているランキングで、毎年、ロイターが取り上げています。

どのようなランキングなのかというと、世界140都市の中から、環境・インフラ・医療・教育・治安などを総合して、どの都市が「世界で最も住みやすい都市」なのかランキング形式で公表しているものです。

ここ数年、1位はずっとメルボルン(オーストラリア)なのですが、今年、ウィーンは2位にランクインしています。

せっかく「世界で住みやすい都市」2位になっている街を訪れるのだから、少し住んでいるかのように生活してみたいと思い、ウィーンに滞在中はマンションを借りることにしました。

不動産会社が経営している旅行者向けのマンションなのですが、とても快適に過ごすことができたのでご紹介させていただきます。

マンションに滞在するメリット

メリット① 「住むように旅ができる」

1番のメリットは「住むように旅ができる」ということです。マンションに滞在するということは、スーパーで食材を買ってきて簡単なお料理を作ることもできるし、旅行で溜まりがちな洗濯物だって洗濯機で洗うことができます。(最終日に洗濯をしてから日本に帰ると片付けも楽チンです。)

ハワイでマンションに滞在した時は、アメリカっぽさを感じる大きなステーキ肉を焼いてみたり、ホテルで食べきれなかったガーリックシュリンプを持ち帰って、少し手を加えてみたり、とマンション滞在を楽しみました。(※ 上の写真はハワイで借りたペントハウスです。)

◯関連記事:ハワイ旅行!Airbnbで住むように旅をする

メリット② ホテル滞在より予算を抑えて広い物件を借りることができる

私は1回の旅行にはあまり予算はかけずに、年に何度も旅行をするというスタイルをとっています。

したがって、私の少ない予算でホテルに滞在する場合、残念ながら、ビジネスホテルのような狭いお部屋にしか宿泊できません。しかし、マンションに滞在する場合は、ホテルより割安な料金設定のため、広い物件(といっても1LDK程度ですが、東京の自宅よりは広いです。)を借りることができます。

メリット③ 自分のペースで滞在できる

少し高級なホテルに宿泊すると、1日に2回もルームクリーニングをしていただきますよね。私は観光をして、少し疲れたらお部屋に戻ってきて仮眠を取ることもあるので、昼間の時間でもいつでもお部屋に入れる状況が有難いです。

ちょっと高級なホテルに宿泊する時は、そもそもホテルステイを目的として滞在するのですが、観光をメインにする時はホテルは寝に帰るだけなので、自分のペースで使い勝手が良い方がいいかな、という考えです。

逆にいうと、マンション滞在の場合、毎日、ルームクリーニングはしていただけません。希望する場合はオプション料金となるため、毎日ピカピカにしてもらいたいという方は、マンション滞在は不向きです。(もちろん滞在前後ではお掃除サービスは入っていますよ。)





マンションを借りよう

海外で家を借りるときは、Airbnb(エアービーアンドビー)という民泊サイトから借りることが多いです。まるまる1軒貸切という物件を選べば、民泊といっても、家具もタオルもアメニティーも揃ったホテルのようなマンション(または一戸建て)を借りることができます。

今回もAirbnbでウィーンのマンションを探してみたのですが、中心部に近いところは結構なお値段がしました。

個人が所有する物件はAirbnbでしか借りられないことが多いですが、不動産会社がバケーションレンタルで提供している物件だと、Booking.comなどの宿泊サイトでも予約ができることがあります。

ということで、Booking.comで探したところ、Airbnbに出ているものと同じ旅行者向けのマンションで、価格が安くなっている物件を見つけました。

Parkview Residences を予約しよう

こちらが私の見つけた旅行者向けマンションがParkview Residences(パークビューレジデンス)です。(Booking.comとAirbnbとしか提携していないようで、エクスペディアなどの他のサイトには掲載されていない物件です。)

ウィーンミッテ駅から徒歩圏内でアクセスも良く、キレイでデザインも良くて、静か、という口コミが多数寄せられている旅行者向けマンションです

外観もヨーロッパの一般的なマンションという感じが、「住むように旅をする」というスタイルにぴったりなのではないかと思って、こちらの物件を借りることにしました。

あらかじめアメニティーはどの程度揃っているのか、到着時間が深夜になっても大丈夫か、といった心配事項を問い合わせたところ、すぐお返事をいただけましたし、安心して予約できました。(英語で対応してくれるのでドイツ語ができなくても安心です。)

お部屋の内装は、次回、ご紹介させていただきます。

◯ 「住むように旅をする」ホテルだけでなく、マンション滞在もBooking.comで予約できます。

 

Latest post

  1. 少し前に、モーツァルトの生家を訪れたと書かせていただきました。○関連記事:モーツァルトの生家…
  2. 前回の記事では、聖ペーター修道院(ザンクト・ペーター教会とも言いますね。)の礼拝堂を訪れて、オーケス…
  3. ホーエンザルツブルク城の見学を終えて戻ってきて、聖ペーター修道院へ向かいました。聖ペーター修…
  4. 「ホーエンザルツブルク城へ行こう~前編~」に続き、今回は後編として、お城の見学について書かせていただ…
  5. 今回から、ホーエンザルツブルク城への訪問を2回に分けて書かせていただきます。ホーエンザルツブ…

Chokorin

プロフィール 趣味は、世界各国の観光です。少しでもお休みがあれば、旅行を楽しんでいます。普段はのんびりと過ごすOLですが、ハイヒールを履いて世界旅行を楽しんでいます。・・・ プロフィール

マイルが貯めるアイテム

PAGE TOP