飛騨高山グルメ「ほうば味噌」を家で調理。絶品ごはんのできあがり。




飛騨高山のおすすめお土産は郷土料理「朴葉味噌」

朴葉みそ

「朴葉味噌」は「ほうばみそ」と読むのはご存知でしたか。私は、朴葉味噌をいただくまで、読み方がわかりませんでした。

朴葉味噌は保存食ですから、半年近く日持ちします。また、フライパンで簡単に調理できるのでご家庭で作るのも簡単です。

飛騨高山のお土産はさるぼぼだけではなく、朴葉味噌もいいのではないでしょうか。





朴葉味噌×飛騨牛

飛騨牛とみそ

ホテルの夕食では、直火で熱々にした朴葉味噌に、飛騨牛や野菜をからめていただきました。

飛騨牛の甘みと味噌がマッチして、うっとりする美味しさです。甘いお味噌で食欲が増して、ごはんを何杯もおかわりしてしまいました。

家で朴葉味噌料理を作ってみる

今回、調理する朴葉味噌は、高山にあるホテル「高山桜庵」に宿泊したとき、お土産としてホテルからいただいたものです。

家で作る場合、少し準備が必要ですが、難しくはありません。簡単に作ることができます。

おいしい朴葉味噌料理を作る5ステップ

1 朴葉を10分程度水に浸し、濡れた枯葉の状態にする。

2 アルミホイルを敷いたフライパンに朴葉をのせる。

3 お味噌と具材を混ぜる※ お好みで砂糖も。

4 3で作ったお味噌を朴葉に乗せて焼く。

5 お味噌がぐつぐつして、具材に火が通ったら完成。

3でお味噌と混ぜる具材は、何でも良いみたいですが、我が家では小口ねぎ、えのき、豚こま肉を入れました。

また、甘めの味が好きなので、お砂糖も少し追加しました。(目分量です。いつも適当クッキングです。)

 

冷蔵庫に飛騨牛が入っていた、なんてことはまずありませんのが、豚こま肉ならすぐ手に入りますよね。

ネギとえのきは5ミリ弱に切り、豚こま肉は一口大に切ります。お肉大好きな我が家では、1人あたり80グラム使いました。

つまり、具材は味噌と相性の良い食材なら何でもいいということです。

朴葉味噌×豚肉×ネギ×えのき

image

かなり見た目が悪いので心配でしたが、絶品です。

朴葉の香りが味噌に移り、ただお味噌でいためたものとは全く違う贅沢さがありました。

誰でも失敗しない料理ですから、お土産に最適です。

Latest post

  1. 少し前に、モーツァルトの生家を訪れたと書かせていただきました。○関連記事:モーツァルトの生家…
  2. 前回の記事では、聖ペーター修道院(ザンクト・ペーター教会とも言いますね。)の礼拝堂を訪れて、オーケス…
  3. ホーエンザルツブルク城の見学を終えて戻ってきて、聖ペーター修道院へ向かいました。聖ペーター修…
  4. 「ホーエンザルツブルク城へ行こう~前編~」に続き、今回は後編として、お城の見学について書かせていただ…
  5. 今回から、ホーエンザルツブルク城への訪問を2回に分けて書かせていただきます。ホーエンザルツブ…

Chokorin

プロフィール 趣味は、世界各国の観光です。少しでもお休みがあれば、旅行を楽しんでいます。普段はのんびりと過ごすOLですが、ハイヒールを履いて世界旅行を楽しんでいます。・・・ プロフィール

マイルが貯めるアイテム

PAGE TOP