マドリッド観光スポットをハイライトでご紹介

きっちりとスケジュールを立てた旅行もいいけれど、名所をおさえつつも、目に飛び込んできた気になるものは、見に行くというスタンスの旅が私は大好きです。

マドリッドでは、特に予定を立てずに、自分の直感に従って歩いてみることにしました。

目に飛び込んできた美しいものや心が動かされたものには、時間を気にせず触れてみようという趣旨です。

まずは、マドリッド(マドリード)の基本情報から

日本との時差は8時間(サマータイムは7時間)。

夏は暑く冬は寒く、雨は少なく乾燥しています。スペイン王家の文化遺産が数多く市内には、王宮をはじめ博物館、美術館、劇場、公園、教会など歴史的観光名所が多数あります。主な見所はプラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、マヨール広場、マドリード王宮などです。

 

それでは、まずはハイライト版として、メジャーな観光地をご紹介します。

(それぞれのスポットは詳しく別記事でご紹介しますね。)

目次

プラド美術館

プラド美術館

この大行列は、夕方は無料で入館できるので、その入場待ちの列です。

マドリッド王宮(オリエンテ宮)

マドリード王宮

広大な面積で、様々なテイストのお部屋を見ることができます。ストラディバリウス(バイオリン)もたくさん所蔵しています。

 マヨール広場

マヨール広場

賑わっています。広場を囲むようにレストランなどがあり、お茶をするのにもいいです。

ただ、スリには気をつけて。

 

アルムデナ大聖堂

大聖堂

王宮の向かい側にあります。カトリックの豪華な教会ですので、見ごたえがあります。

シベーレス広場

シベーレス広場

 サン ヘロニモ エル レアル教会

サン ヘロニモ エル レアル教会プラド美術館のすぐ隣にある教会です。

アルカラ門

アルカラ門

太陽の光を浴びて、輝くアルカラ門。この門を見てわかるとおり、通りを歩くだけでも楽しめるのがマドリッドの街です。

 

これらのメジャーな観光地へ行くまでにもぶらぶらと寄り道をしながら、行きましたので、またマドリッド街歩き編は別の機会にご紹介します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる