MENU

アルムデナ大聖堂でカトリック文化を感じよう

マドリッド王宮の向かい側にあるアルムデナ大聖堂。

王宮とあわせて行きたい観光スポットです。

1800年代に着工し、完成したのは1990年代だとか。王宮と同じ時代にできたものではないようですね。

目次

それでは、アルムデナ大聖堂へ行ってみましょう

アルムデナ大聖堂

実は、観光情報を何も持ち歩かずにいたのですが、ブラッと歩いていてもその存在が一際目立っていたのですぐ見つけました。

アルムデナ大聖堂

王宮側から見るとこのような外観です。カトリックの荘厳な作りです。

それでは中へ入ってみましょう

アルムデナ大聖堂

 

空気がヒンヤリとして、外とは違う空気が流れています。

静かな祈りの場所ということですね。

ふと、上を見上げると、天井も美しいです。

アルムデナ大聖堂

 

とても広い大聖堂。

更に奥へ進んでみると、これぞカトリックの大聖堂という金ピカの豪華な装飾もあります。

私はカトリックではないのでお祈りはできませんが、神聖な場所であるという空気感を深く感じて見学をしました。

image

imageimage

 

この国の魂にもなっている荘厳なカトリックの大聖堂は、是非足を運んでこの空気を一度は吸って欲しいです。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる