ウィーンではシシィチケットを使って宮殿巡り!旧王宮編




【最終更新:2018年2月12日】

お城巡りを趣味にしている私にとって、シェーンブルン宮殿やホーフブルク(王宮)は絶対に訪れたい場所でした。

今回は、念願の旧王宮の訪問記です。

チケットの準備

まず、私は、旧王宮・シェーンブルン宮殿・王宮家具博物館の3箇所を見学する予定でした。

各施設のチケットオフィスでチケットを購入することはできますが、長い行列に並ばなくてはなりません。

特に、シェーンブルン宮殿は、混雑しており、入場までに1時間かかることも多いのだとか。

また、シェーンブルン宮殿の普通チケットは、日時指定と使い勝手が悪い。。。

ということで、Sisi Ticket(シシィ・チケット)というコンビチケットを購入しました。

シシィ・チケットの購入・利用方法については、以下の記事でご紹介しているので、ここでは簡単にその内容をご紹介します。

○関連記事:シシィ・チケットを購入しよう





シシィ チケットとは

シシィ チケットは以下の3箇所を見学できるチケットです。

1.シェーンブルン宮殿のグランドツアー(公開されている全部のお部屋を見学できる)
2.旧王宮(宮廷銀器コレクション・シシィミュージアム・皇帝の部屋)
3.王宮家具博物館

料金は、€28.8(ファミリーチケットなどの割引もあります。)で、インターネットより購入できます。

支払いはクレジットカード決済となります。

(普通の外貨でのクレジット決済と同様に、ユーロでの決済となり、クレジットカード会社のレートで計算され、円での請求になります。日本で両替して現地で購入するより、カード請求がレート的には最も有利なので便利です。)

シシィチケットの有効期間は購入日より1年間なので、あらかじめ日本で購入しましょう。チケットは印刷物かスマホで購入時に表示されるバーコードを提示するだけです。
有効期間内であれば、一度に全ての場所をまわらなくてもOKなので、ご自身の旅行プランに合わせて使うことができます。

では、早速、あらかじめ購入したシシィ・チケットを持って、旧王宮へ行きました。

旧王宮を見学しよう

まずはこちらの入口へ。

チケットオフィスは少し行列ができていて、混雑していましたが、シシィチケットを持っていたら関係なし!

チケット購入時に表示されていたバーコードを入場ゲートにかざすだけで入場できます。(なんて簡単なんだ!)

旧王宮は、宮廷銀器コレクション⇨シシィミュージアム⇨皇帝の部屋、という順番で見学順路が決まっており、すべて日本語オーディオガイドがあります。(ただ、オーディオガイドは教科書を読んでいるかのような単調な感じ。)

見学の所要時間の目安は2時間です。

それでは、早速、宮廷銀器コレクションから見学をスタートしましょう。

宮廷銀器コレクション

宮廷銀器コレクションは、宮廷で使用されていた食卓調度品を展示しています。

ハプスブルク家が所有していた金器・銀器・磁器など約7,000点のテーブルウェアがあります。

銀器などの金属は、戦争で武器を作るために利用されてしまったため、残っている銀器はとても貴重なものです。

それでは、美しいコレクションをご紹介します。

まずは美しい銀器コレクションより、カトラリーの数々。

スプーンもフォークもちょっとずつ形が異なっており、用途の違うものです。

これらの種類・用途を全て覚えていた使用人の方々・・・大変だったでしょう。

実際にテーブルにセットすると、上の写真のようになるそうです。どれだけ品数が多いのでしょうか・・・?というカトラリーの多さ。

パンがナプキンにうまいこと包まれているのもなんだか気になります。

戦争の勃発や財政の問題などで、金属が貴重となり、王宮では陶磁器の食器も使われるようになりました。

細かい模様の描かれた美しく華やかな食器です。

この小さいカップはどういう用途でしょうか。

金属を使わなくなったからこそ、美しい食器が生まれたんですね。

次は、金ピカで細かい細工の施されたオブジェのようなコーナーです。

今は展示されているだけですが、昔はもちろん現役で使われていました。

これらが、宮廷のお食事の時間を彩っていた時代がある・・・と思うと、ロマンを感じませんか。

次はシシィミュージアム・皇帝の部屋へ

銀器コレクションを見学した後は、シシィミュージアムへ進み、最後は皇帝の部屋を見学します。
残念なことに、写真撮影が許されているのは宮廷銀器コレクションのみなので、写真はありません。

しかし、シシィミュージアムは、お部屋ごとに宮廷生活、逃避、少女時代などとテーマが定められており、

シシィ(エリーザベト)の愛用していた日傘や扇子が展示されていたり、宮廷生活で着用していたドレスのレプリカなども見学できます。

このドレスのウエストの細さと言ったら。。。

そして、皇帝の部屋に進むと、(こちらも残念ながら写真はNGです。)フランツ・ヨーゼフ1世とエリーザベト皇后のお部屋を見学することができます。
その中で、私が気になったのは、「化粧と体操の部屋」です。
美貌を維持していくために、美容体操を欠かさなかったというエリーザベトの体操器具が残っています。

姿勢をまっすぐに保つために、吊り輪を使っていたり、結構ハードなトレーニングをされていたことが見て取れます。

当たり前でしょうが、美しい人はそれなりに努力しているということですよね。

絶世の美女の影の努力を垣間見ることができました。

見学を終えたら、最後はお土産屋さんへ。

旧王宮には、チケット売り場と皇帝の部屋を出たところの2箇所にお土産屋さんがあります。

星型のシシィの髪飾りも売っていたり、ウィンドーショッピングだけでも楽しかったです。

私は、絵葉書を購入して、両親に送ってみました。(絵葉書1枚で親子はいい関係を築けるものです。いつも遊んでばかりの娘と白い目で見られないように。。)

お土産を購入したら、旧王宮の見学は終了です。

おわりに

シシィチケットを使った宮殿巡りは、チケット購入に並ぶ煩わしさも無く、入場時間に制限を受けることもなく、とてもスムーズに楽しめました。

○関連記事:シシィ・チケットを購入しよう

次は、シシィチケットを使って、シェーンブルン宮殿を訪れましたので、ご紹介させていただきます。

ウィーンは治安も良く、英語も通じるし、安心して旅行できる場所だと思っています。

ツアーでも飛行機+ホテルのセットを予約する個人旅行でも、どちらでも楽しめる場所じゃないかと思います。これからウィーン旅行を計画されている方は、旅行会社のWEBサイトも参考にしてみてくださいね。

JTB 海外ツアー
JALパック
近畿日本ツーリスト 海外ツアー

Latest post

  1. 海外で困るものの1つがドライヤーです。髪の長い女性の代表的な悩みでしょうか。海外旅行に行く…
  2. ザルツブルクの歴史ある街の景色を楽しむには、1. メンヒスブルクの丘2. ザルツブルク城…
  3. 少し前に、モーツァルトの生家を訪れたと書かせていただきました。○関連記事:モーツァルトの生家…
  4. 前回の記事では、聖ペーター修道院(ザンクト・ペーター教会とも言いますね。)の礼拝堂を訪れて、オーケス…
  5. ホーエンザルツブルク城の見学を終えて戻ってきて、聖ペーター修道院へ向かいました。聖ペーター修…

Chokorin

プロフィール 趣味は、世界各国の観光です。少しでもお休みがあれば、旅行を楽しんでいます。普段はのんびりと過ごすOLですが、ハイヒールを履いて世界旅行を楽しんでいます。・・・ プロフィール

マイルが貯めるアイテム

PAGE TOP