聖ペーター修道院へ〜カタコンぺ編〜




前回の記事では、聖ペーター修道院(ザンクト・ペーター教会とも言いますね。)の礼拝堂を訪れて、オーケストラの練習をまったりと聞いていました。

○関連記事:聖ペーター修道院の礼拝堂へ

次は、外に出て、お墓→岸壁の方に向かい、カタコンペを見学します。

お墓をぶらり

まずは、中庭的な場所へ。

よく手入れされている墓地では、お花が咲いていて、明るい雰囲気です。

単なる墓地というより、憩いの場にも近いでしょうか。

穏やかとか、まったりとか、そういう言葉がぴったりな空間です。

ただ、こちらは今も昔と変わらずお墓として使われているので、埋葬されて日が浅いお墓もあります。ちょっと切なくなる。。

観光地ではあるけれど、墓地として現役なことを忘れてはいけませんね。

上の写真の左側の白い建物で覆われている部分もお墓です。





モーツァルトのお姉さんのお墓もある

そして、モーツァルトのお姉さんであるマリア・アンナ(ナンネール)やハイドンの弟のお墓もありました。

1人ずつのお墓ではなくて、複数人での共同のお墓です。

写真では反射して見えづらいですが、奥の木の部分には絵も描かれています。

では、次はカタコンペへ向かいましょう。

カタコンペへ

カタコンペは、岩壁に作られているのではなく、岩壁をくりぬいて作られています。

こちらの岩壁にある建物?がカタコンペです。この建物に向かっていくと、入口はすぐ見つけられました。

こちらも、以前、ご紹介したザルツブルクカードを入口でスキャンしていただけば、無料で入場できます。

○関連記事:ザルツブルクカードの使い方と使って見た感想

では、ちょっと怖いけれど、岩でできた階段を上がって行きましょう。

結構、急な階段です。

手すりにつかまりながら、上がります。(登りはいいけど、下りが怖いだろうな。)

階段を上ると小窓のようなものがあって、外の景色を楽しむことができます。

先程、お散歩したお墓も、上から見るとお花が映えてとても綺麗です。

そして、カタコンペの中はこんな感じ。

既に外とは温度が全く違います。暑い季節だったのですが、ひんやりを通り過ぎて、ひんやりと肌寒いというレベルです。

更に、上の階へ行ってみよう。(3階建のような作りになっています。)

上がって見ると、礼拝堂のような空間になっていました。

山肌の岩壁をくり抜いて作られているので、中はとても暗いです。

窓もあまりないので、外とは全くの別世界。

少しの話し声も反響しています。

カタコンペ(納骨堂)の独特な空気感を感じることができました。

さて、急な階段を下りて、入口まで戻りますか。

おわりに

カタコンペは階段こそ急ですが、広い場所ではないため、見学は10分程度あれば十分かと思います。

岩壁をくり抜いて作られたカタコンペは珍しいものですし、是非、見学したい場所だと思いました。

これから、オーストリア旅行を計画している方は、まずは、ツアーや飛行機と宿の予約から始めましょう。ザルツブルクに行けるツアーを見つけたので、ご参考までにリンクを貼っておきます。
JTB
近畿日本ツーリスト
JALパック

 

聖ペーター修道院の情報

住所: Sankt-Peter-Bezirk 1, 5010 Salzburg

 

Latest post

  1. 私は車の運転ができません。公共交通機関だけで九州を旅することは難しいと思っていましたが、近畿日本ツ…
  2. 鹿児島に行ってみたいと、近畿日本ツーリストの宿泊予約サービスから予約をして訪れた指宿白水館旅行記も…
  3. 今回の旅の目的は、「指宿白水館」に宿泊することでした。よく雑誌やウェブで見る、泊まって良か…
  4. 指宿伝承館にあるイタリアンレストラン フェニーチェを訪れた後、白水館のチェックインまで少し時間があ…
  5. 砂蒸し風呂が有名な鹿児島県の指宿温泉へ行きました。指宿にホテルはいくつかありますが、その中でも「指…

Chokorin

プロフィール 趣味は、世界各国の観光です。少しでもお休みがあれば、旅行を楽しんでいます。普段はのんびりと過ごすOLですが、ハイヒールを履いて世界旅行を楽しんでいます。・・・ プロフィール

マイルが貯めるアイテム

PAGE TOP