海外対応の高機能ドライヤー




海外で困るものの1つがドライヤーです。
髪の長い女性の代表的な悩みでしょうか。

海外旅行に行くと、ホテルのドライヤーが風量が少なすぎたり、温度が高すぎたり、使いにくいことが多いのです。

変圧器を使ったら、温風が出ない事もあり、たくさん電力を使う製品には変圧器の使用は向いていないようで、困っていました。

ということで、この度、海外対応のドライヤーを購入して、アメリカで使ってみました。

日本のドライヤーは海外で使えないの?

まず、日本のドライヤーでも、海外対応タイプのものはありますが、多くの場合は、日本の電圧にのみ対応しているので、海外では故障の原因になるため使えません。
カメラもスマホも、日本でも海外でもそのまま充電できるものが普通だと思いますが、ドライヤーは電圧にシビアなんですね。

トラベル用といえば、小さいドライヤーが多いのですが、私は海外でも高機能なものを使いたい
例えば、マイナスイオンが出たりとか、温度調整ができて、頭皮にも優しく使えたりとか。
荷物は少し増えてしまいますが、最高のコンディションで海外旅行を楽しみたいんです!!





私のお勧め「Areti」(アレティ)

幅広い電圧に対応するドライアーを探したところ、見つけたのは、こちらです。

Aretiというブランドのドライヤーです。

Amazonでの口コミが多いということと、普段通っている美容院でオススメしていたことで、思い切って購入しました。

こちらのすごいところは、変圧器などがなくても、自動で電圧の調整をしてくれるというところです。それも、対応している電圧は100〜240Vなので、アメリカでもヨーロッパでも、どこでも使えます!

私が購入したものは、白とゴールドの2色のカラーが入ったものですが、他にも全体がインディゴブルーのものと全体が白のものがあります。
写真で見る限り、インディゴブルーがかっこよく見えて惹かれたのですが、持ち手は白で、筒の部分のみゴールドという珍しい配色に惹かれて、写真のものを購入しました。

詳細は、以下のAmazonのリンクから商品を見ていただければと思いますが、とても高機能なことに感動したので、簡単にご紹介したいと思います。

ハワイに行って海に入った時、ヨーロッパでガンガン紫外線を浴びたときは、髪の毛がパッサパサになって辛かったので、もっと早く手に入れておけば良かったと、後悔しました。高機能なヘアドライヤーをなめちゃいけません。

AretiはLEDライトとマイナスイオンが出る

Aretiは、3色のLEDライトと大量のマイナスイオンで、髪の毛を潤ったまま乾かしてくれます。

最初は、LEDライトなんて、何色を浴びても効果なんてないでしょ。と半信半疑でしたが、使ってみたら全然違う!

まず、髪の毛が絡まりにくくなりました。髪の毛が絡まると切れ毛の原因にもなります。そして、絡まらない髪の毛は、手ぐしだけで、スーッと乾かすことができるから、とてもラクです!

そして、髪をサラサラに保つと、頭皮も蒸れにくく感じるんですよね(私は)。頭皮を気持ち良い状態を保つためにも、ドライヤーって大切ですね。

Aretiは風量を細かく調整できる

風量を細かく調整できるのは、早く髪を乾かしてセットするのには、必要な機能です。

風量を6段階で調整できるので、最初は強い風で乾かして、乾いてきたら、少しずつ風量を弱くしていくという使い方も簡単です。

そして、冷風も風量を調整できるのがありがたいです。温風は調整できても、冷風は調整できないものが多いので、(それも、冷風は弱いことが多い。)冷風だけでも結構、乾きます。

ボタン式ではなく、ダイヤルで風量を変えられるというのも使いやすいポイントかと思います。くるくる回すだけなので、簡単です。

アメリカで使った時も、風が熱くなるという事もなく、快適に風量を調整しながら使えました。

意外と軽い

旅行に行くときは、荷物をできるだけ軽くしたいと思うので、今までホテルのドライヤーを使ってきましたが、このAretiというヘアドライヤーは軽いです。

重さはコードなども含めて480gとのこと。本体だけでは360gなので、使っていて重たいという印象はありませんでした。

バンドで巻いて持っていけば、意外と場所も取らずにコンパクトに持ち運べます。

私は、アメリカに持って行って使いましたが、480gは許容範囲かなという感じです。どんなドライヤーがあるかわからない状態でホテルに行くより、安心できたので、次回からも持って行こうと思います。

詳細は以下のリンクより、ご覧ください。

Latest post

  1. 海外で困るものの1つがドライヤーです。髪の長い女性の代表的な悩みでしょうか。海外旅行に行く…
  2. ザルツブルクの歴史ある街の景色を楽しむには、1. メンヒスブルクの丘2. ザルツブルク城…
  3. 少し前に、モーツァルトの生家を訪れたと書かせていただきました。○関連記事:モーツァルトの生家…
  4. 前回の記事では、聖ペーター修道院(ザンクト・ペーター教会とも言いますね。)の礼拝堂を訪れて、オーケス…
  5. ホーエンザルツブルク城の見学を終えて戻ってきて、聖ペーター修道院へ向かいました。聖ペーター修…

Chokorin

プロフィール 趣味は、世界各国の観光です。少しでもお休みがあれば、旅行を楽しんでいます。普段はのんびりと過ごすOLですが、ハイヒールを履いて世界旅行を楽しんでいます。・・・ プロフィール

マイルが貯めるアイテム

PAGE TOP