MENU

ANAプレミアムクラスの機内食!那覇ー羽田便

札幌ー那覇のプレミアムクラス搭乗記を書かせていただきましたが、今回は、那覇の滞在を終えて、那覇ー東京のプレミアムクラス搭乗記となります。

関連記事:プレミアムクラス搭乗記 札幌ー那覇

この路線もプレミアムクラスを予約していたので、ANAラウンジでまったりと時間を過ごしてから搭乗します。

目次

まずは、ANAラウンジへ

一見、見逃してしまいそうなこの小さな入口がANAラウンジです。

早速中へ入ってみましょう。

ラウンジの中は、出張中のビジネスマンのようなスーツ姿の方は少なく、休暇で来ている方が多い印象です。ただ、ここだけ?と言ってしまうほど、狭い空間です。搭乗客もそれほど多くないから、この広さで十分なのでしょうね。

窓際は人気なようで混雑していたので、仕方なく一列内側に入った席にしました。ただ、なんせ狭いので、窓側も通路側もあまり関係ないかもしれません。

私は窓側で飛行機をゆっくり見たいと思っているのですが、書き物に熱中してしまうと窓側であってもPCの画面しか見ておらず、窓側に座った意味がないことが多いです。それでも、いつも窓側を選んでしまいます。

ラウンジの飲み物は?

今回は、ラウンジでビールをいただきました。沖縄ならではのオリオンビールがあり、少しテンションが上がります。

この泡をいい感じの割合で入れてくれるサーバーでついでいただきます。このサーバーは飲食業界では普通のものなのでしょうか。あまりにも完璧な注ぎ方をしてくれるので、いつも感心してしまいます。

他にも、沖縄のお酒といえば、泡盛ということで、泡盛も置いてありました。お酒好きな方はラウンジでいろいろ飲めて楽しめそうですね。

ソフトドリンクは他と変わらず、コーヒーや紅茶、オレンジジュース、トマトジュース、牛乳などがあり、おつまみも他のラウンジと同じく小さなおかきの入ったものが置いてありました。

ビールを楽しんだら搭乗時間となり、ラウンジを後にして飛行機に乗り込みました。

那覇ー羽田のプレミアム御膳は?

今回のプレミアム御膳(機内食)は、あまり写真がきれいではありませんが、お味はもちろんおいしく、見た目も鮮やかで、やはり安定のプレミアム御膳という感じでした。

路線の問題なのか搭乗時間の問題なのかわかりませんが、お弁当を温めずに冷たいまま出されることもありますが、こちらの御膳はホカホカに温められていたので、旅の緊張感がぐっとほぐれるようなほっとした気持ちになりました。

お弁当でこんなに手の込んだお料理をいただく機会って、ありますか?私はこのプレミアム御膳だけなので、テンションが上がります。上がったテンションで白ワインもいただいて、フライトを大満足しました。

最後は紫芋アイスで

食後にデザートは紫芋アイスをいただきました。

ハーゲンダッツのアイス(バニラや白桃味)は機内で販売していますが、やはり食後にアイスは楽しみなので、標準でついてくれるのが嬉しいです。

お芋のアイスは、あまり食べた事がありませんでしたが、お味は紫芋の優しい甘さをほんのりと感じるもので、これならもう1ついただきたいな、とついつい欲が出てくる味でした。

せっかくの旅行ですから、機内も移動時間とするだけでなく、全力で楽しみたいものですね。

○関連記事:プレミアムクラス 札幌ー那覇便

ANA便でのおでかけは、スカイツアーズの格安ツアーが便利です。

○スカイツアーズ公式HP:スカイツアーズ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる