早朝の竹富島探索プラン!原風景を楽しもう




石垣島へ行ってきました。石垣島にたった1泊滞在するだけだったので、竹富島に行けるのは2日目の朝7時半から9時45分まででした。更に、石垣空港発11時30分の飛行機で東京に戻る予定でしたので、大慌てで竹富島を楽しむというプランです。

短すぎる滞在だったように聞こえますが、短い時間でも楽しむことができましたので、朝だけで楽しむ竹富島旅行プランをご紹介させていただきます。

7:20 石垣島離島ターミナルへ

ホテルでさっと朝ごはんをいただいてから、離島ターミナルへ向かいました。こちらの八重山観光フェリーのカウンターで竹富島までの乗船券を購入します。片道だと600円、往復だと50円安く1,150円でしたので、往復で購入しました。

大きな荷物はコインロッカーに預けて、手ぶらで竹富島へ行きます。

チケットを片手に乗り場4番へ。既に小さな船が来ており、乗り込みます。

船の中はまるでバスのようです。小学生の子供が乗っていたり、地元の方がたくさん乗られておりました。登校・出社の時間なのでしょうか。

東京だと7時半初なら、ぴったりに出航するのでしょうが、乗り遅れた人はいないかとかチェックしているようで、数分遅れての出航です。時刻表には所要時間は約10分と記載されておりましたが、15分は見たほうが良さそうです。

天気にも寄るのでしょうが、船は揺れました。時々、ジェットコースターで内臓が浮く感じってありますよね?そんなフワっとした感覚があり、ちょっと怖かったです。





7:45 竹富島到着

竹富島に到着し、船から下りると、乗っていた方々は車や自転車でさーーっと去ってしまい、ひとりぼっちに。

この時間は歩いて中心部まで向かうしかありませんので、のんびり歩き始めます。すがすがしい空気の中、誰もいない一本道を歩いていきます。誰もいないから、ついつい歌ってみたりして。

歩いていると、車ではわからないいろいろな発見がありました。

まずは、出勤前でお食事中の水牛がいたり。

ヤギを散歩している方がいたり。

大きな鳥が歩道でくつろいでいたり。

特に、間近に水牛を見たことは初めてですので、どきどきしました。

8:05 竹富島中心部に到着

まだ早い時間ですので、中心部についても人はまばらです。道は舗装されておらず、白砂が敷き詰められており、宿の方や住民の方々が砂を箒ではいて均一にしていました。お話を伺ったところ、毎朝の日課だそうです。

オレンジ色の瓦と白砂、黒い石壁のコントラストが綺麗で、写真をたくさん撮りました。どこも美しい。

郵便局だって、こんなにおしゃれに景観を守っています。

8:10 なごみの塔へ

次はなごみの塔へ向かいました。こちらは竹富島の原風景を高い位置から見渡すことができるスポットです。塔は老朽化のため、立ち入りは禁止となっており、入れませんでしたが、家々の屋根がとても綺麗に見えました。

景観を楽しんだら、また中心部へ戻りました。途中、竹富島名物「水牛車」の近くを通りましたが、こちらでもお食事中の水牛や朝シャン中の水牛がいました。

8:15 レンタサイクルを借りて散策

8時からレンタサイクル屋さんがオープンしますので、自転車を1時間借りて島内を散策することにしました。

私がお世話になったのは友利レンタサイクルというお店です。電動自転車の貸し出しもありますが、島内はそれほど坂がないため、普通の自転車で問題ないとのことでした。

また、こちらで自転車を借りたら、たった時間のレンタルでもフェリー乗り場まで車で送迎してくれるサービスを行っているということで、帰りの足のためにもレンタルしました。

オススメ自転車コースが記載された地図をいただいて、散策スタートです。

8:20 自転車の旅スタート

1時間のレンタルでは、西桟橋~コンドイビーチ~カイジ浜の3箇所を周ることにしました。1時間あれば余裕で行くことができます。

8:25 西桟橋

私がこの3箇所の中で最も気に入った場所が西桟橋です。誰もいない朝の桟橋は、誰にも邪魔されず輝く海を見ることができて感動しました。

海へまっすぐに続く西桟橋の先端で海を見渡してリフレッシュ。お魚もちらほら見えます。

西桟橋は夕日のスポットでもありますが、日中の輝く海を見ることもおすすめします。海の中にぽつんと1人でいるような感覚がとても気持ちよかったです。

案内看板によると、西桟橋は昔は船着場として使われていたそうです。

8:45 コンドイビーチ(西桟橋から5分)

次はコンドイビーチへ。コンドイビーチは、島唯一の海水浴場で、シャワーやお手洗いなどの設備もそろっています。私は1時間のみの自転車レンタルなので景色を眺めただけでしたが、この場所、なんといっても猫が多い。

野良猫なのでしょうか。人懐っこいネコちゃんたちが、そこかしこにいて、まるでネコの楽園状態。ネコ好きの方にはたまらないでしょうね。袋を持っていると、食べ物をくれるのかと期待されているのがわかります。(そんな目で見ないで・・・)

動物が苦手な私は、落ち着かずそそくさと退散してしまいましたが、白い砂浜とエメラルドグリーンの海を楽しめる絶景スポットです。

9:05 カイジ浜(コンドイビーチから5分)

次はカイジ浜へ。こちらは遊泳禁止の浜です。コンドイビーチのように白砂のビーチではなく、ごつごつした石や砂がある場所なので、「浜」なのでしょうか。

こちらでは、星の砂を見つけることができるそうで、星砂探しをしている方が数名いらっしゃいました。他にも小さなお土産屋さんで、星砂を売っていました。

9:20 自転車の旅終了(カイジ浜から15分)

1時間レンタルのため、自転車を返却し終了です。

3箇所周りましたが、海に入らない1時間レンタルの場合は、西桟橋とコンドイビーチorカイジ浜のどちらかで十分かなと思いました。

自転車返却後は10分弱ですが、中心部をぶらぶらとお散歩をしてみました。

水牛車は9時から営業しているので、途中、水牛にばったり会ったりします。

かなり近くで見る水牛が怖くて怖くて・・・。水牛ってバッファローのことですよね。テレビで見たことのある、川を群れで突進して渡ったりする動物ですよね??大きな角は迫力があるし、力強いだろうし、暴走しないのかと思いましたが、のんびりゆったりと歩いています。

もちろんこちらから攻撃をしかければ襲ってくるそうですが、(そりゃそうだ。)

普段はおとなしい性格だそうです。

水牛車は大変人気で、乗車される方はあらかじめインターネットなどから予約したほうが良さそうです。

9:25 バスでフェリー乗り場へ

自転車をお借りした友利レンタサイクルさんの送迎バスで、フェリー乗り場まで送っていただきました。

この時間は観光客がたくさん来る時間なようで、フェリー乗り場には送迎車がたくさん来ています。レンタサイクルを借りるのに、車で送迎してもらうってなんだかおもしろいなぁと思ってしまいました。

9:45 フェリーで石垣島へ

石垣島から来たフェリーに乗り、石垣へ戻るということなのですが、このフェリーなんといってののんびりで、時刻表では9:45発となっていましたが、出航したのは10:50を軽く過ぎていました。また、行きでは小さな船だったのに対し、とても大きな客船になっているではありませんか。

竹富島に来る観光客が多い時間帯はこのような豪華?バブリー?な船が就航しているようです。

こちらの船は大きいからか、あまり揺れを感じることなく快適でした。

10:10 石垣島到着

石垣島に到着です。少し遅れましたが、カリカリしてはいけません。荷物を取り出して、空港行きのバスに乗ります。

ここで便利なのが、離島ターミナルのバス乗り場の一番端にあるカリー観光のバスです。離島ターミナル9時20分発で離島ターミナルから空港までノンストップというタクシー並みの便利さで、料金も片道500円、所要時間も約30分と早いです。

これで、竹富島超短期滞在プランは終了となります。

おわりに

竹富島にどうしても行きたかったけれど、ひとり旅では手ごろな宿が取れなくて・・・という時に行った弾丸竹富島旅行でした。

朝、早起きしなくてはなりませんが、少しの早起きで竹富島に足を運んで、綺麗な海に癒されて、有意義な時間を過ごせるかと思います。

沖縄・石垣島・竹富島へはホテルと飛行機がセットになったツアーを使うと費用を抑えられて便利です。他の離島も周れるプランなどもありますので、これから旅行を計画されている方はご参考にしてください。ちなみに私は、ANAを使いました。

 

Latest post

  1. 海外で困るものの1つがドライヤーです。髪の長い女性の代表的な悩みでしょうか。海外旅行に行く…
  2. ザルツブルクの歴史ある街の景色を楽しむには、1. メンヒスブルクの丘2. ザルツブルク城…
  3. 少し前に、モーツァルトの生家を訪れたと書かせていただきました。○関連記事:モーツァルトの生家…
  4. 前回の記事では、聖ペーター修道院(ザンクト・ペーター教会とも言いますね。)の礼拝堂を訪れて、オーケス…
  5. ホーエンザルツブルク城の見学を終えて戻ってきて、聖ペーター修道院へ向かいました。聖ペーター修…

Chokorin

プロフィール 趣味は、世界各国の観光です。少しでもお休みがあれば、旅行を楽しんでいます。普段はのんびりと過ごすOLですが、ハイヒールを履いて世界旅行を楽しんでいます。・・・ プロフィール

マイルが貯めるアイテム

PAGE TOP