MENU

東京ステーションホテル「アトリウム」のランチコース

東京ステーションホテルの最上部、屋根裏にあるレストラン「アトリウム」に伺いました。

アトリウムは、宿泊者の朝食会場またはディナーとして伺うことはできるのですが、ランチタイムは基本的にはオープンしていません。

そんな特別な場所で、時間をかけてコース料理をいただく時の幸福感といったら。
ランチの時間帯は普段なら働いている時間なので、なんて贅沢をしているんだ!と非日常感が増す感じが好きなのかもしれません(笑)

アトリウムにランチで訪れるには、東京ステーションホテルのホームページに、日にち限定で館内ツアーとランチのセットがあったり、はとバスツアーに組み込まれているものがあります。

クリスマスにはアフタヌーンティーのプランが出ていたりもしますので、こまめにチェックしてみてください。ただ、どのプランもとても人気ですぐ予約が埋まってしまいます。

目次

東京ステーションホテルの館内ツアー

まずは、館内ツアーから。ホテルの方が宿泊エリアを通って案内してくれます。

駅の通路から見上げたことはあったけれど、中から見たのは初めてでした。目の前にある緑色のドア・窓は客室だそう。

ホテルの方が、第二次世界大戦中の空襲で3階部分が焼失したことや東京駅丸の内駅舎の保存・修復プロジェクトについて説明してくださいます。

約30分の館内ツアーが終わったら、アトリウムでのランチです。

アトリウムでのランチコース

まずは、海鮮サラダ・ゴボウとマッシュルームのスープから。

サラダにはホタテやエビなどが入っています。普段食べる機会のない緑色のトマトも入っていました。ボリュームもあって美味しいです。

お魚料理は連子鯛、お肉料理は四万十ポーク、フィレ肉とフォアグラのソテーです。

写真を見ての通り、すごく上品な美味しさです。
お肉料理のマスタードソースがとても美味しかったです。お魚料理があっさりしている分、お肉料理での味の変化が良かったのかな。

最後にデザートと紅茶をいただきました。

ホテルランチは席もゆったりしていてのんびりできるし、日常から離れてリフレッシュできました。

番外編〜クリスマスシーズン

こちらの写真は、クリスマスシーズンの東京ステーションホテルのエントランスです。

クリスマスシーズンの東京ステーションホテルでは、館内のインテリアもクリスマスをイメージしたものに変わります。丸の内のイルミネーションも近くなので、冬に行くのもおすすめな場所です。

東京ステーションホテルアトリウムの食事プランは、東京ステーションホテルのホームページに掲載されていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる