夫婦の特別な日に。熱海の老舗旅館「古屋旅館」の露天風呂客室

熱海にある「古屋旅館」を訪れました。古屋旅館は、創業1806年の老舗旅館で、客室温泉露天風呂付・お部屋食で懐石料理をいただけるという贅沢な旅館です。

古屋旅館をおすすめしたい方は、、、、

  • 温泉露天風呂付の広々とした客室に宿泊したい
  • 100%源泉掛け流しの温泉が好き
  • お部屋食で懐石料理をいただきたい
  • 熱海の中心部の近くで観光にも便利な場所が良い
  • 最高のおもてなしを感じたい

古屋旅館は、1806年に創業した熱海で最も歴史のある老舗旅館です。館内にはギャラリーがあり、日本で一番古いラジオなどが展示されています。
また、古屋旅館では「清左衛門の湯」という自家源泉を引いた源泉掛け流しの温泉を楽しむことができます。客室は温泉露天風呂付きと贅沢です(お風呂のない客室もあります。)。

館内には派手な施設などはありませんので、静かに食事と温泉を楽しみたい方に向いています。

目次

【アクセス】東京から熱海の古屋旅館へ

東京から新幹線ひかりで約35分(こだまでも約50分)で熱海に到着します。熱海駅から古屋旅館までは商店街を歩いて約15分(タクシーで約5分)です。
重い荷物がない場合は、旅館に向かいつつ、商店街の干物屋さんやスイーツ屋さんを見ながら、お土産を考えながら歩くのも楽しい場所です。

私たちは商店街を歩いて、古屋旅館に向かいました。
さすが老舗旅館というような、ずっしりとした門が現れます。

門の写真を撮影したところで、旅館の方が門まで出てきてくださって、早速、チェックインをしました。

広々とした客室

早速、客室に案内していただきました。お部屋は全て数寄屋風造りです。
和室 で12.5畳+次の間4.5畳+踏込1.5畳の合計18.5畳もある広々とした客室です。客室の調度品は、お部屋ごとに変えているそうで、別の客室に泊まると、違った雰囲気を楽しめるようになっているとのことでした。

このカーテンを開けると、お庭が広がっています。
この旅館にはオーシャンビューのお部屋はありませんが、広いお庭に高い塀があり、通行人などは全く見えないようになっています。
熱海の中心地近くに位置していますが、とても静かで落ち着きます。

庭園も綺麗に管理されていて、緑が美しいです。

源泉掛け流し客室温泉露天風呂

次は客室の露天風呂をご紹介します。

私の宿泊したお部屋の露天風呂の浴槽は、1枚の岩でできた大きな浴槽です。
こうした特別な仕様のお風呂を楽しめるのも、旅館に来て良かったと感じる瞬間です。

こちらの次の間は、戸を閉めて脱衣所にすると、広々とお風呂の準備ができるので、とても使いやすかったです。

露天風呂付き客室の良いところは、いつでも好きな時に何度でも入浴できることです。

古屋旅館では、客室露天風呂も大浴場も清左衛門の湯という自家源泉です。これは源泉掛け流しの温泉で、加水も加熱もしていないとのこと。とことん贅沢です。
熱海らしい透明のお湯で、温泉パワーで湯上りはずっとポカポカが続きます。

私は大浴場にももちろん行きましたが、旅館の規模に対して、広々とした造りとなっており、快適に過ごせました。

お風呂を楽しんだ後、お食事までは、商店街をブラブラしても良いでしょうし、熱海サンビーチまでは歩いてすぐなので、海を見にお出かけしてもいいかもしれません。

オリジナル京風懐石料理

夕食はお部屋で懐石料理をいただけます。お部屋食はプライベートな空間でいただくことができるので、小さいお子さんがいる方からカップル・夫婦、3世代旅行など、ゆっくり過ごしたい方におすすめです。

お料理は京風の懐石料理で、季節の食材を使ったお料理です。お魚は地魚が多く使われていました。
飲み物はたくさんの日本酒もあり、仲居さんに甘口・辛口などを伝えるとお勧めを教えていただけました。

懐石料理は、1つ1つが美味しくかつとても繊細で見た目もこだわっているようです。

前菜だけでもその豪華さが伝わるかと思います。
お食事の全体は、毎月メーニューが変わります。

焼き物は、牛肉かアワビを選べたので、私たちはアワビを選びました。
アワビの踊り焼きは、こういう旅館ならではのお料理だと思います。火の上でアワビが踊る姿はインパクトがありました。
北海道産の大きなアワビで、弾力がありつつも柔らかく美味しかったです。

もっと熱海のお料理を追加したいということであれば、追加料金(事前予約制)でオーダーできる金目鯛の煮付けなどのお料理もありました。(ボリュームは十分にあるので、私にはお料理を追加できるほどのお腹の余裕はなかったです。)

仲居さんのサーブのタイミングも完璧でしたし、お料理について色々と教えていただけたのも嬉しかったです。
そして、ここでは最後の味噌汁とご飯もこだわっていて、「むかごごはん」をいただきました。(むかごは、ヤマイモの茎が肥大化して、付け根にできる肉芽のことです。)素朴な味が美味しかったです。

ボリュームはしっかりあり、男性でも十分だと思います。私は、最後のデザートまで美味しくいただくことができましたが、お腹はかなりいっぱいになりました。

食事を終えたら、お布団を引いてもらい、再度温泉を楽しんで就寝しました。

熱海の干物もいただける豪華な和朝食

朝食もお部屋色でとても豪華です。
熱海は干物が有名でもあるので、ホクホクの干物やお造りをいただけます。

ご飯は、白米とお粥から選べました。

もちろん、味は最高です。

古屋旅館に宿泊して

温泉もお料理もとても満足度が高く、旅館の方もとても温かく親切で、また宿泊したいと思う旅館でした。

ただ、とても人気宿なため、なかなか予約が空いていないことが多いです。

空き状況や宿泊プランはウェブサイトで確認して見てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる