白川郷のおすすめ観光モデルプラン!日帰りで効率的な観光をするためのプランをご紹介




【最終更新日】2018年2月11日

合掌造りが美しい「白川郷」。ポスターで一度見てから、ぜひとも訪れたい世界遺産でした。

今回は、近畿日本ツーリストより、JR高山駅までの往復チケットとホテル(高山駅近くの「飛騨花里の湯 高山桜庵」)を予約をして、訪れました。

白川郷といえば、冬の雪が積もっている季節も美しいですが、新緑の季節もそれに劣らず美しいです。

今回は、白川郷滞在時間3時間半で効率的に観光スポットをまわるためのプランをご紹介しますので、これから旅行を計画されている方はご参考にしていただけたらと思います。

JR高山駅ー白川郷はバス移動

JR高山駅から白川郷へは、濃飛バスで約50分の道のりです。バスは予約専用の車両もありますが、私たちは予約不要のバスで行きました。

バスは高速道路を走行するため、全員着席しなくてはなりません。観光客が多く、バスが満席になり乗れないのではないかと心配しましたが、バスは数台待機しているので、並んでいたら全員乗ることができました。

しかし、帰りの白川郷から高山駅へ向かうバスは、予約の必要なバスを使うことをおすすめします。

バスは空席がある場合に限り、予約のない方も乗ることができますが、ほとんどの席が予約で埋まってしまいます。バス停に並ぶ時間を短くするためにも、帰りは予約した方が安心です。





白川郷の観光スポット巡り

それでは、白川郷の観光ルートをご紹介します。白川郷はそれほど大きな町ではありませんので、3時間半もあれば十分に観光を楽しめます。

○ 観光所要時間3時間半~、ランチ込み

  1. 総合案内 であいの館からスタート
  2. であい橋
  3. 「文化喫茶 郷愁」で珈琲を楽しむ
  4. 明善寺
  5. 絶好の写真スポットへ
  6. 和田家
  7. 「手打ちそば処 乃むら」でランチ
  8. 「近藤商店」でどぶろくソフトクリーム
  9. 展望台

今回は、バスが到着する「であいの館」からスタートします。

「であいの館」は観光案内所です。帰りのバスを予約していない場合は、先に「であいの館」で帰りのバスの予約を済ませましょう。(もちろん事前に電話でもバスの予約はできます。)

次は、「であい橋」へ。この橋を渡ると、合掌造りの世界が待っています。

なお、合掌造りは見てのとおり火気に弱いので、タバコは禁止です。また、景観を守るためにゴミ箱も置いていませんのでごみは持ち帰りましょう。

■10:00 「文化喫茶 郷愁」で珈琲を(所要時間30分)

であい橋を渡ってすぐに、「大人専用」の喫茶店「文化喫茶 郷愁」があります。

着いてすぐに休憩かと思われますが、ここでは、おいしい珈琲を飲みながら絶景を楽しむことができますので、是非とも訪れたい喫茶店です。

この喫茶店自体、合掌造りの建物でありますが、店内は過ごしやすいようにリノベーションされています。

入口に「大人専用」という張り紙があるので、ちょっとドキドキしましたが、もちろん怪しい場所ではなく、静かに景色を楽しむことに重点を置いている喫茶店です。店内には、ガラス張りの大きな窓の前に座席があり、ノスタルジックなBGMが流れています。

そよ風でなびく田んぼの姿や文化財となっているお寺を眺めることができ、まるで別世界に来たかのような景色が広がります。大人専用な空間だけあって、とても静かな店内で絶景を眺めながらいただく珈琲は格別です。

○関連記事:「文化喫茶 郷愁」でコーヒーをいただこう

■10:30 白川郷のお寺「明善寺」へ行く(所要時間30分)

明善寺は、白川郷で最大の合掌造りで建造され寺院です。

入館料は大人300円、子ども100円です。

中に入ってみると、明善寺では、毎日、囲炉裏を焚いており、昔の雰囲気を感じられるようになっています。現在も住職の住んでいるお寺であるというから驚きです。

合掌造りを内部から見学でき、昔の方がどのような生活をしていたのかを見ることができます。

■11:00 合掌造りが3軒並ぶ写真スポットで撮影(所要時間10分)

明善寺を見た後は、合掌造りの家屋の記念撮影をしましょう。

私がおすすめする場所は、合掌造りの家屋3軒を写真に収められるスポットです。この風景を見ると、タイムスリップしたかのような不思議な感覚になりました。

こちらの写真の場所は、東通(明善寺の前の通り)を展望台方面に歩いていき、左側にある花壇から撮影しました。ここから撮影すると、タイムスリップしたかのような原風景を撮影できます。

冬の雪をかぶった合掌造りも綺麗ですが、夏の緑の中に建つ合掌造りも美しいです。

■11:20 最大規模の合掌造り和田家へ(所要時間30分)

次に、重要文化財に指定されている和田家に向かいます。和田家は、この集落で最大規模を誇る合掌造りの家屋です。

入館料は大人300円、子ども150円です。

ここも明善寺と同様に、毎日、囲炉裏を焚いています。現在も住居として使われており、1階と2階を公開しています。合掌造りの構造を中から見学できるようになっており、2階へと上がると、昔農業で使われていた農具も展示されています。

とても暑い日に訪れましたが、合掌造りの中はとても涼しく空気がひんやりとしています。

合掌造りという構造は、夏は暑く、冬は厳しい寒さに見舞われるこの地域で、最も適した造りとして受け継がれていたということですね。

ちなみに、白川郷には、他にも長瀬家や神田家といった合掌造りの家屋も見学することができますので、それぞれの家屋を見比べてみたいという方は訪れてみてください。

今回の旅行プランでは、家屋は和田家だけ訪れることとしています。

■12:00 行列の絶品おそば「乃むら」へ(1時間)

そろそろお昼ご飯の時間になりますので、お蕎麦屋さん「乃むら」に行きます。

「乃むら」は白川郷でおいしいと有名なお蕎麦屋さんで、いつも長い行列ができています。30分程度は並ぶ覚悟が必要です。なお、お店はカウンター席のみですので、あまり団体で訪れることはおすすめしません。

私は、盛りそば(850円)を注文しました。

盛りそばで850円はちょっとお値段が高いとは思いますが、観光地だからと妥協している味ではありません。薄い色のお蕎麦は、のどごしが良くつるつるでとても美味しいです。ただ量は少なめなので、大盛りを頼めばよかったと少し後悔しました。

■13:10 どぶろくソフトクリームを味わう

和田家を見学し、おなかがいっぱいになったら、本通に出て展望台へ向かって歩きましょう。

ランチの後には甘いものも食べたくなりますよね?

通り沿いにある「近藤商店」でどぶろくアイスクリームが売られています。どぶろくを使ったソフトクリームですが、大人向けのアルコール入りのソフトクリームというわけではなく、お子さんも安心して食べられるおいしいソフトクリームです。

(観光地でソフトクリームを食べたくなるのはなぜでしょうか。私だけ?)

■13:30 いよいよ展望台へ(所要時間1時間)

次に、集落を一望できる展望台に向かいます。

展望台に行くには、バス(大人200円)を利用することも可能です。夏場は遊歩道を歩いて行くこともできますが、坂が急なので、行きだけでもバスを使った方が快適です。(歩いて登る方も大勢います。)

展望台からは、青々とした水田と合掌造りの家屋を眺めることができます。よくパンフレットなどで見る白川郷の写真は、ここから撮影されたもののようです。

ちなみに、展望台には小さなお土産屋さんや、写真を撮影してくれる方もいます。(強制的に写真を撮られましたが、購入する人はあまりいないようでした。)

帰りは遊歩道を歩いて戻ります。行きをバスにしてよかったと思う勾配でしたが、緑の中を歩くのはとても気持ちが良いです。

(冬の間は遊歩道は閉鎖されているので、バスを使ってください。)

おわりに

展望台から景色を堪能したら、バス停のある「であいの館」まで戻り、白川郷の観光が終了です。

あらかじめ予約したバスに乗車できるように戻りましょう。

白川郷にいると、まるでタイムスリップしたような感覚になります。せっかく昔ながらの風景を楽しむですから、観光プランも時間に余裕を持って、都会の忙しさを忘れてゆっくりと見て回ることをオススメします。

○ 関連記事  白川郷の合掌造りを撮影のおすすめスポット

私は白川郷へは、JRと宿がセットになったプランを近畿日本ツーリストより予約して行きました。

JRと宿のセットは、便利でとても使いやすかったです。

Latest post

  1. 少し前に、モーツァルトの生家を訪れたと書かせていただきました。○関連記事:モーツァルトの生家…
  2. 前回の記事では、聖ペーター修道院(ザンクト・ペーター教会とも言いますね。)の礼拝堂を訪れて、オーケス…
  3. ホーエンザルツブルク城の見学を終えて戻ってきて、聖ペーター修道院へ向かいました。聖ペーター修…
  4. 「ホーエンザルツブルク城へ行こう~前編~」に続き、今回は後編として、お城の見学について書かせていただ…
  5. 今回から、ホーエンザルツブルク城への訪問を2回に分けて書かせていただきます。ホーエンザルツブ…

Chokorin

プロフィール 趣味は、世界各国の観光です。少しでもお休みがあれば、旅行を楽しんでいます。普段はのんびりと過ごすOLですが、ハイヒールを履いて世界旅行を楽しんでいます。・・・ プロフィール

マイルが貯めるアイテム

PAGE TOP